アイラインはアイメイクのポイント

パッチリと大きな目は美人の秘訣。
アイラインの引き方にもちょっと工夫を凝らして、印象をガラッと変えちゃいましょう。

上まぶたは分けて引く

アイラインはまつげの際に引いていきますが、まぶたの皮膚は柔らかい上に目の近くということもあって、なかなかうまく引きにくいですよね。
なので、描くほうの目を閉じて、動かないように手で押さえながら描くとうまく引けます。
黒目の上辺りで分割して、目頭側、目尻側と分けて描きましょう。
つなげる中央を太くすることで黒目が強調され、目が大きく見えます。 アイラインの引き方

まつげの隙間を埋める

まつげとまつげの間は、ほんのかすかにですが空いているかと思います。
その隙間を埋めることでまつげが濃く、ボリュームがあるように見えます。
まつげの上からでは書きにくいかと思いますので、今度は目を開けて下から、まぶたを引っ張りながらリキッドアイライナー等で描いていきます。 アイラインの引き方

下まぶたは必要に応じて

まつげは上のまぶただけではなく、下のまぶたにも生えています。
ただ、上に比べて量も少なく細いので、目立ちにくいです。
なので、下まつげに合わせて、細めの控えめなラインがお勧めです。
まつげの生え際に沿って、目の外側3分の1〜2分の1程度まで引いていきます。 くっきりはっきりしすぎないように、チップでぼかすとうまく馴染みます。

ちょっと応用