囲み目メイクの方法とポイント

目を大きく見せるためにアイラインを上まぶたに塗るアイメイクはもう一般的ですよね。
さらに目力をつけるために、目をぐるっと囲んだようにラインを引く囲み目メイクをするという方法もあります。

上まぶたのアイライン

まぶたの際に、ペンシルアイライナーを使ってラインを引いていきます。
ラインをきれいにするには、一気に引くのではなく目尻側と目頭側を二回に分けて描くといいです。

アイラインの引き方

下まぶたのアイライン

したまぶたにアイラインを引くときは注意が必要です。
囲み目に、とはいっても、真っ黒のラインをしっかりと引いてしまうと、目の形にもよりますが目が小さく見えてしまうことがよくあります。
一度囲んでみて変だと感じたなら、無理に囲まないで下まぶたのラインは目尻側3分の1〜2分の1、あるいは目頭側を数mm開けておいて、アイシャドウで目を囲むといったやり方はいかがでしょうか。

アイシャドウを使って

アイラインを引く前に、アイホール全体に軽くアイシャドウを塗りましょう。
また、アイラインを引いたあとにもアイシャドウで境目をなじませます。
それは、アイライナーだけを使って目を囲んでしまうと、境目がはっきりしすぎてパンダ目になるから。
うまく陰影をつけて立体感を出す囲み目メイクには、アイシャドウは大切です。
下のイラスト画像は、パープルをアイホールに、ブラウンを目の周りに入れてみたものです。
下まぶたの目頭側にはラインを入れていませんが、きちんと囲み目になっていますよね。それに、肌全体のトーンが気持ち明るくなったようにも見えませんか? アイラインの引き方