アイシャドウは愉しい

目元に奥行きをつけ、立体感のある顔立ちを印象付けるアイシャドウ。
でか目にする効果もさることながら、いろいろな色があるのも愉しみのひとつ。
パーソナルカラーによっては似合わない色もあるかとは思いますが、ぜひ新しい色、初めての塗り方にも挑戦してみてください。

アイシャドウ 基本の塗り方

ベースとなる色をアイホール全体に塗ります。
一番淡く発色する色で、ブラシを使ってふんわりと塗るときれいになじみます。 アイシャドウの塗り方

グラデーションを作る

中間色のミディアムカラーをまぶたに塗ります。
境目をはっきりさせないようにうまくぼかしてください。
その後、挿し色となるアクセントカラーをまぶたの際に細く塗ります。
上から下に、横に色の層を作るので横割りグラデーションですね。
目尻側に重点を置いて、色がひとつながりになるようにしましょう。
チップや指を使って塗るといいかと思います。 アイラインの引き方

ハイライトで光をプラス

薄い色から濃い色へと影をつけましたが、今度は光らせる部分にハイライトカラーを塗ります。
眉尻の下、まぶたの中央、目の下などを明るくすることで、さらに目元に立体感が出ます。
広く塗るときにはブラシ、ぽんと乗せるときには指を使うといいでしょう。
下のイラスト画像で、目を閉じたときの黒目の上にホワイトを乗せてみました。
まぶたの立体感が出てきたように思いませんか? 横割りアイシャドウ

ちょっと応用