ブラシを使ってワンランク上のリップメイク

口紅は、メイクの初心者でもほぼ使うであろう一般的なメイク道具です。
それは、唇がとても魅力的な場所であることの表れ。子供心に、親がルージュを引く姿に憧れ、口紅を塗った母親に大人の女性としての魅力を感じた経験もあるのではないでしょうか。

口紅はアイシャドウやファンデーションに比べて塗りやすく、気軽に終わらせていまいそうになりますが、それだけにリップメイクの出来が化粧全体の仕上がりを左右しかねません。
丁寧に塗るにはやはりリップブラシを使って。
メイクが上手と思われるためにも、正しいリップブラシの使い方をチェックしておきましょう。

リップメイク

ブラシを使ったリップメイクのやり方

ブラシの先に塗りたい色の口紅をたっぷりととり、筆の先を平らに整えます。
まずは唇の山をきめ、Vの字になるように塗っていきます。
次は下唇の厚みをきめ、下の際を塗ります。

リップメイク

次はブラシを口角の部分に挿し込み、さっき引いたラインにつなげるようにして塗っていきます。
水平に挿し込んだブラシを、半回転させながら唇に当てていく感じです。
同じ要領で左右の口角を塗っていきましょう。

リップメイク

最後に内側を塗りつぶします。ブラシを使ってぺたぺたと塗っていくのだけでも、ブラシを使うと唇の縦じわにもしっかりと入り込むのでしわが目立ちにくくなります。
塗った後にはティッシュを軽く咥えて、余分な口紅をオフしましょう。しっかりと塗りたいときにはもう一度重ね塗りをしても大丈夫です。

リップメイク

リップブラシのお手入れ

基本的には、使い終わるたびにティッシュや不要なタオルで拭き取るだけで大丈夫です。
根元の部分は汚れが溜まりやすく、そのままにしておくと筆の毛が切れたり折れたりしますので、汚れが特に目立ってきたときには中性洗剤を使って、手のひらで表裏とひっくり返しながら洗いましょう。
洗った後は流水でしっかりと洗剤を流し、水気を切ってから、金具の部分に水が入り込まないように毛先を下向きにして陰干しします。
きちんと乾かして、いつも清潔なリップブラシをつかうようにしたいですね。