スキンケアの必要性

芸能人の肌はどうしてあんなに綺麗なんでしょう?
忙しく時間の不規則な仕事ですからすっぴんでは肌荒れもあるでしょうが、それでもお化粧をしたときの美しさは日ごろのスキンケアの賜物ではないかと思います。
すっぴんでも綺麗な肌は、やっぱりメイクをしてもきれい。オンタイムのメイクののりは、オフタイムのケアが支えているということなんですよね。

正しいスキンケアのやり方

順番

スキンケアにも正しい順番があります。
それぞれの工程の効果を最大限に発揮するためにも、できる限りルーチンのように順番をたどってケアをしていきたいですね。

1.洗顔・クレンジング
まずは顔の汚れを落とすのが一番です。家に帰ってきたとき、朝起きたとき、いつでも時間を経た肌の表面には、分泌された皮脂やほこりが付着しているものです。これらは水分や美容成分の浸透の妨げになりますので、一度すっきりとリセットするのが大切。
2.水分補給
洗ったばっかりの肌はいわゆる裸の状態。妨げるものがなく、防ぐものもない状態なので、そこにいち早く水分を補給してあげることが大切です。乾燥し始める前に、たっぷりの化粧水を与えてあげましょう。
3.保湿その@
補給した水分を留めておくためにも、保湿成分を補給してあげるのも大切な工程です。コラーゲンやペプチド、ヒアルロン酸など、乾燥肌には不足しがちな成分を補給して、どんどんと乾燥が進む肌を内側から守ります。できる限りの水分をとどめておくためにも、美容液はうまく使っていきたいですね。
4.保湿そのA
今度は肌の外側から保湿をします。時間がたてば皮脂が分泌されて天然の膜となりますが、いち早くカバーをして乾燥を止めておきたいですからね。乳液やクリーム・オイルなどを使って、肌の状態を守りましょう。
ただ、過度な油分は肌トラブルの原因にもなりますので、脂性肌や肌の弱い方は必ずしも使用したほうが良いというわけではありません。肌に合った、適度な使用を心がけましょう。

補足

収斂化粧水 : 普通の化粧水(柔軟化粧水)とは目的が異なり、毛穴の引き締めを目的に使用されるスキンケア用品です。順番としては普通の化粧水の前に。コットンに染み込ませ、パタパタと叩くようにしてつけていきます。きゅっと引き締まる感覚を実感できるかと思います。使う前にはしっかりと振って、きちんと混ぜるようにしましょう。アルコール分を含みますので、肌質によっては合わない場合もありますのでチェックしておきましょう。

フェイスマスク : 今流行のフェイスマスクは、美容成分を存分に浸透させるのが目的。化粧水で水分補給した後に、顔全体をカバーするようにして使います。袋の中に残った液も使えますので、ほうれい線やしわの目立つところ、マスクの届かない首などに追加して塗ってあげるといいかと思います。

ピーリング・ゴマージュ : 肌のくすみやにきび跡などに困っているときは、洗顔の代わりにピーリングやゴマージュを試してみるのもいいのでは。薬品の酸を使って角質ケアをするのがピーリング、主の植物の成分を利用してケアするのがゴマージュです。古い角質をはがし、ターンオーバーを正常に戻すための手助けになります。ただ、肌への負担も相応に大きいので、商品の説明に従って、数日に一回程度と間隔をあけて行うようにしましょう。